[PR] 美容整形 at 東京

ビデオ・オン・デマンド

1.私達の周辺にあるマルチメディアを利用したシステムの1つを取り上げ、その中で使われている技術について調べ説明しなさい。

論点

  • ビデオ・オン・デマンドに使用される技術
    • 動画圧縮
      • WMV
      • H.264(2章で語る)
      • 独自規格
  • なぜ圧縮が必要なのか。
    • 回線
    • サーバ側の負荷の軽減
  • 2005年以前のビデオ・オン・デマンドとの違いは?
    • 何があった?
      • 従来の放送と同じ収益スポンサー方式?

レポート

1.私達の周辺にあるマルチメディアを利用したシステムの1つを取り上げ、その中で使われている技術について調べ説明しなさい。

USENグループが運営しているサイトGyaoが人気である。Gyaoはインターネットのブロードバンドをフルに活用して、動画を配信する。2005年より運営を始め、今夏、登録会員数が1000万人を突破した。

2005年以前も幾つかのコンテンツを有料ないし、無料で配信するサイトは存在したが、多種多様なコンテンツを無料で配信するインターネット放送は存在しなかった。そのため、Gyaoはインターネット放送の草分けであると言える。Gyaoでは従来のテレビ放送と同様に、放送前、放送途中数回、最後にCMを放映し、そのCMのスポンサー料金を収入源としているようである。
昨今
Gyaoはビデオ・オン・デマンドというシステムで配信されている。

ビデオ・オン・デマンド(VOD:Video On Demand)とは、ユーザーの見たいときにさまざまな映像コンテンツを配信するシステムのことである。
また、放送とは異なり、ビデオのように映像再生の一時停止・巻き戻し・早送り等をする事が、多くのサービスで可能である。
ユーザーが要求した時点でコンテンツを配信するものとなるため、放送と言うよりはむしろ通信的性格が強い。主に、デジタル化ケーブルテレビや、光放送・IP放送、インターネットテレビなどでサービスされている。
最大で同時刻帯にアクセスのある視聴者数だけ個別にコンテンツを送出しなければいけないため、送出サーバや通信回線の帯域が多く必要とされる。このため、テレビ放送画質で自由なVODを実現するのは困難が伴う。
『フリー百科事典 ウィキペディア ビデオ・オン・デマンドより引用。(著者不明)』

ビデオ・オン・デマンドでは、ストリーミング配信という技術を使用している。
ストリーミング放送とは、一般的なダウンロード方式とは違い、ファイルのすべてをダウンロードしてから放送するものではなく、ある程度ダウンロードが完了したら、再生を始め、その再生と並行して、さらにダウンロードを継続してやるものである。

この技術は再生時間よりも早く動画ファイルのダウンロードを完了しないと、再生がダウンロード前の動画部分に追いついてしまう可能性があるため、快速な回線が必要となった。そのため、実際にストリーミングでテレビと同じ解像度で配信されるようになったのは、ブロードバンドが広まったからと言える。
また、ここ数年以内でストリーミング配信に新たな動きが見える。著作権保護である。
以前のストリーミング方式では、特殊なソフトウェア(GetASFStreamなど)を用いることにより比較的簡単に複製などの操作が可能であった。これは不正コピーである。
この不正コピー防止の対策として、デジタル著作権管理機能(DRM)というものがある。
デジタル著作権機能を用いることで、ストリーミングデータは暗号化され、視聴回数や期間、コピー可/不可、コピーの回数などまでを細かく制御が可能となる。
このデジタル著作権管理機能は昨今の一般的なストリーミングのフォーマットに使用されているWMVが対応し、さまざまなストリーミングサイトで見かけるようになった。
この機能を使用することにより、配信側も安心して動画を配信できるのである。

2.特徴(便利なこと、不完全なこと、これからの技術、展望など)について個人的な見解を示しさい。
ビデオ・オン・デマンドの特徴として、運営コストが非常にかかることがある。例えば、以下の点である。

多数のユーザーが存在しても安定した配信が可能なネットワークとハイエンドサーバ。
ファイルサイズが大きい動画ファイルを多数格納できる外部記憶装置を持ったサーバ。
動画をエンコードするために非常に時間がかかるため、エンコード専用PC。

この中で一番大きな問題は,任△襦ビデオ・オン・デマンドでは、ユーザーにテレビ画質と同じ程度で配信しているため、多大なトラフィックがかかる。これはサーバやネットワークに多大な負荷をかけるため、虚弱なネットワークおよびサーバでは、サーバダウンや配信障害の原因となる。
このため、長い間ビデオ・オン・デマンドは一般的に企業や大学などの財政力がある団体のみしか扱えないシステムであった。
しかし、最近は新しいビデオ・オン・デマンドを使用したサイトが誕生している。「ファイルマン」や「Youtube」といったユーザー自身が動画をアップロードするサイトである。
これまでのビデオ・オン・デマンドでは、ほとんどがテレビで放送されたドラマやアニメシリーズの放送がほとんどであり、テレビ放送の代替としてのみしか使用されていなかった。
この新しいビデオ・オン・デマンドのサイトでは、ユーザーがコンテンツを作る張本人であり、そのビデオ・オン・デマンドを主体として放送できるシステムは画期的であると言える。
これからの時代はユーザー発信型のビデオ・オン・デマンドが表立ってくるのではないかと私は思っている。

参考文献:
フリー百科事典 ウィキペディア(Wikipedia)
ビデオ・オン・デマンド – 著者不明
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%87%E3%82%AA%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%89

Gyao – 著者不明
http://ja.wikipedia.org/wiki/GyaO

デジタル著作権管理 – 著者不明
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AB%E8%91%97%E4%BD%9C%E6%A8%A9%E7%AE%A1%E7%90%86

IEmedia News
マイクロソフト、Windows Media9 Seriesのテクニカルセミナー開催 – 北川達也
http://www.itmedia.co.jp/news/0210/10/nj00_wm9.html


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-09-19 (火) 09:46:01 (4052d)