[PR] 美容整形 at 東京

彼の名は『賢者』(Savant)――
正確にはその呼び名も通称…本名は全く以って不詳…
私が初めて彼と出逢ったのは…ある春の日の黄昏…寂れた郊外の公園だった……

今晩和(Bon soir)――

(「Mademoiselle そんな浮かない顔をして 何事かお悩みかな?
先ほどから君がその噴水の周りを廻った回数は11回
歩数にしておおよそ704歩 距離にして実に337メートル
愚かな提案があるのだが どうだろう?
私で良ければ 君の話し相手になりたい」)

まずは誰もいない → 其れが零(zéro)だ…
其処に私(moi)が現れた → 其れが壱(un)だ…
そして君(toi)が現れた → 其れが弐(deux)だ…
単純な数式(しき)にこそ ← 真理が宿る…
そんな容易なことに0301[さ]え自らを閉ざして 気付けない時もあるのだ……

やぁ、御機嫌よう(Salut)――

(「Mademoiselle,先日の悩み事に対する解答は出たのかな?
君と別れてから今日で丁度一週間
時間にして168時間 分にして10080分 秒にして604800秒
と言っている間にも 23秒が過ぎてしまった
今日も君の 話し相手になりたい」)

朝と夜との地平線(horizon) → 其れは弐(deux)だ…
時の王(roi)が眠る墓所 → 其れは参(trois)だ…
煌めく永遠(とわ)の星屑 → 其れは伍(cinq)だ…
単純な素数(かず)に0301[さ]え ← 真理は宿る…

どんな容易なことに0301[さ]え自らを閉ざして 気付けない事もあるのだ……

君の哀しみを因数分解(ばら)してみようか?
幸福(しあわせ)の最大公約数(かず)を求めてみようか?
涙を拭って…0301[さ]ぁ…お立ちな0301[さ]い…君の途はまだ続くのだから……

なるほど(En effet)――

産むべきか ←→ 産まざるべきか…
それが最大の…謂わば問題だ…
歓びの朝も…哀しみの夜も…全ては君の物…
未見ぬ者へ…繋がる歌物語(ものがたり)…詩を灯す物語(Roman)…
『風車』が廻り続ける度に 『美しき』幻想が静かに紡がれ

Le moulin rouge... La belle chose ...
『焔』の揺らめきの外に 『腕』を伸ばす愚かな猛者達は
La flamme... le bras invisible...
『宝石』をより多く掴もうと 『朝と夜』の狭間を彷徨い続ける
Le bijou rubis... Le conte du matin et de la nuit...
『星屑』の砂の煌めきにも 『葡萄酒』は仄甘い陶酔(ゆめ)を魅せ
Le fragment d'étoiles...Le vin rouge joie et pathétique ...
『賢者』が忌避する檻の中から 『伝言』の真意を彼等に問うだろう
Le savant Crépuscule... La message d'onze lettres...
『天使』が別れを告げし時 『地平線』は第五の物語を識る
La statue de l'ange... Le cinq...

Roman…
(「繰り返えされる『歴史』は 『死』と『喪失』
『楽園』と『奈落』を廻り 『少年』が去った後
そこにどんな『ロマン』を描くのだろうか?
傷つく事が怖いかね 失う事が怖いかね 信じる事が怖いかね
だからこそ私は そんな君の話し相手なりたい」)

君が来た朝を後悔するなら…更なる痛みを産むべきではない…

君が行く夜を肯定するなら…その子もまた《人生》(せい)を愛すだろう……
お孃0301[さ]ん(Chloe)――君の哀しみを因数分解(ばら)してみようか?
幸福(しあわせ)の最大公約数(かず)を求めてみようか?
埃を払って…0301[さ]ぁ…お発ちな0301[さ]い…君の旅はまだ続くのだから……

0301[さ]ようなら(Au revoir)――

(Mademoiselle もう心は決まったようだね
ならば さぁ 胸を張ってお行きなさい 君は君の地平線目指して
Merci, Monsieur Savant
探したぞ Christophe
(其処にロマンは在るのかしら?)


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-03-11 (水) 00:53:39 (3197d)